【ドラム】筋トレでドラミングをパワー・アップ!

drummerDrum
初心者
初心者

「ドラムを叩くのに筋肉って必要なの?」

やす丸
やす丸

「もちろん!生音をしっかり鳴らすにはある程度筋肉は必要だよ!」

ドラムに筋トレが必要な理由と、実際にプロのドラマーが実践しているおすすめの筋トレ法を紹介するよ!

ドラマーに筋トレが必要な理由

ドラマー
ドラマー

「ドラムを叩くのに力はいらない。リバウンドでスティックは簡単に返ってくるから!」

「痩せているプロドラマーも沢山居るよね?」

というドラマーも多いが、それは大音量のギターを相手にしたことがないか、常にいいモニターで自分の音を返してもらっているドラマーぐらい。

生音をしっかりと鳴らす為には、やはり筋力と体力が必要です!

 

「必要な筋肉とその周辺の筋肉を鍛えることで、余裕を持って音量を出すことが出来るよ」

ドラマーが鍛えるべき筋肉

上腕筋(その周辺)

上腕二頭筋や上腕三頭筋・手首など!

個人的にトレーニングは高負荷で低回数よりも、低負荷な物を高回数行う事をオススメ!

上腕筋を鍛えるメリット

  • 基本の音量のアップ
  • 持久力をアップ

余裕のある演奏ができ、ドラマーの天敵(腱鞘炎)など怪我防止にも繋がります。

背筋(体幹)

背筋・体幹を鍛える事によって、安定した演奏ができるようになります。

腕・足を除いた、背中・身体の中心の筋肉を全体的に体幹と言います。

体幹トレーニングを行う事で得られるメリット

  • 上半身の安定
  • 演奏に安定感が出る
  • 良い姿勢をキープしやすくなり疲れにくくなる

身体がブレにくくなるので、無駄な力を使わなくても音量を出しやすくなります。

ハードな演奏でも疲れにくい演奏ができるようになります。

下半身(脚力強化)

下半身の筋肉は、バスドラムの音量アップ・足元のコントロールに効果があります。

足元の安定感は全体のリズムに大きな影響を与えます。

足元を鍛えるメリット

  • バスドラムの音量のアップ
  • 高速のフットワークでも疲れにくくなる
  • 足元のコントロール向上

特にツインペダルを使って高速で演奏したい人には、下半身強化は必須級です!

【ドラム】オススメのトレーニング方法

チューブを使ったトレーニングが、低コストで家でも気軽にできるのでオススメ!

音量アップや持久力アップに加えて、姿勢をキープするための体幹も鍛えられます。

あの手数王【菅沼孝三さん】もチューブトレーニングを行っているそうです。

下の動画を参考にしてみてください↓

ポイントは低負荷×高回数という所です!

個人的には1つの部位を10回×5セット位が理想です。

週に2日程度は休むようにしてください。「負荷&休息」が重要ですよ。

チューブトレーニングは自分に合った負荷の強さから始められ、全身を鍛えられる所が魅力です。
しかしチューブの種類によっては、思ったよりも負荷が弱すぎる・強すぎるという事が自分自身あったので種類の豊富なチューブを選ぶことをオススメします。

私が利用しているチューブはコレ【負荷の種類が豊富】です。

まとめ:筋肉を鍛えるデメリットは無い

筋肉を鍛える事によって

  • ドラマーとしての見栄えが良くなる。
  • 演奏に余裕が生まれる
  • 演奏が安定する
  • 音量アップできる

トレーニングはメリットばっかりですよね!

 

「でもトレーニングばかりして、練習がおろそかにならないようにしてください(笑)」

それではここまで!Chao!

https://yakiblog.com/how-to-drum-practice/320/

質問は問い合わせ欄 or Twitterで受け付けています。気軽にどうぞ!
やす@ドラ865

コメント

タイトルとURLをコピーしました